英語ができない理由とは?

受験英語に縛られすぎていませんか?

中学や高校などの学校で勉強する英語は「受験」(高校入試や大学入試)というものがある関係上、どうしても「受験」を意識したものになってしまいます。 学習塾などに通われた経験がある方であれば尚のこと受験英語学習といったものに接してきた時間は長いでしょう。
ハッキリ言いますが、受験英語と一般的な英語は別物です。
受験英語は試験があり、○☓をつける必要があるため、非常に厳密な英語のルールに関する知識が求められることが多いです。

She love her son.
(彼女は彼女の息子を愛している)
なんて受験英語で書こうものなら、これはもう☓です。「三単現のsが無いだろ!」といった小難しい文法用語でダメ出しをされます。
では、実際の英会話でこれを言ったとしたららどうでしょう?まるっきり通じない?しかめっ面をされて英文についてダメ出しをされる?
そんなことはありません。普通に通じます。
外国の方が日本語であなたに「カノジョはジブンの息子を愛すマス」と言ったときに、あなたは意味がわかりませんか?しかっめ面で相手の日本語の誤りを指摘しますか?
意味はわかりますし、いちいち「五段活用の連用形だろ!」とか指摘しませんよね?
それどころか「日本語お上手ですね」とか褒めたりするかもしれません。
これはなぜか?
答えは簡単、重要視していることが全く異なるからです。受験英語はルールや知識を知っているかのチェックに重きがおかれ、一般的な英語では意思疎通に重きがおかれます。
同じ英語学習ですが、このズレを認識しているのとしていないのでは天と地ほどの差があります。

もしかして受験英語は役にたたない?

これも断言します。「そんなことはありません。むしろ日本の英語教育で習う英語の知識は非常に高度かつ有用です」
単純に、使うための知識の整理や、実際にその知識をどう使えばいいかのトレーニングが絶対的に不足しているだけです。
ダイエットをするのに栄養的・運動的な知識を身につけたはいいけど、実際にどう実行すべきかで迷ってしまっている。そんな状況に似ているかもしれません。

努力や学習経験を有意義に活用しよう

英語学習には様々な方法があり、学習する人の状況によってその効果のあらわれ方も様々です。
H&E英語学院の英語指導は「多くの人が取り組めるよう、シンプル化と効率化に特化」しています。日本の英語教育で得られる知識をシンプルな形に再構築し、その知識を実際に活用するトレーニングを行います。
ゼロから英語を学ぶ方でも大丈夫。当学院でFoundationと呼ぶシンプル化した英語の知識を学び、それを使えるようにしていきます。
これまで色々な英語学習をやられてきた方も大丈夫。あなたの中の知識をFoundationの流れに沿って再構築・再整理することで、その知識が活きるようになります。
英語は奥が深いですが、難しくはないんです。
みなさんに英語を好きになって欲しいです。

Foundationとは?

英文をグループ分けし、その役割を考え、自在に置き換える

英文はアルファベットの集まりで、単語の集まりで、役割ごとの単語グループの集まりです。
「役割ごとの単語グループ」この理解と応用がFoundationの肝となります。
いきなり単語グループで見ると分かりづらいかもしれませんので、単純な3単語・3グループでできている英文を見てみましょう。

I love you.
これは、【動作】と【その動作をする人(物)】、そして【その動作の対象】という3つのグループで文章ができています。
これはそんなに難しくありませんね。では下の文章はどうでしょうか?
We have never relinquished our skepticism of central authority.
(バラク・オバマ氏の大統領就任演説より抜粋)
はい、この文章も実は先程の I love you. と同じ3つのグループで文章ができているんです。
単語の数は9単語と先ほどよりも大幅に増えましたが、グループの数は同じです。
さて、9単語の文章として捉えるのと、3グループの文章と捉えるのでは、どちらが理解しやすいでしょう?当然、3グループとして認識したほうが断然楽です。
H&E英語学院が指導するFoundationの大きな柱「グループ分け(グループ作り)」はこのようなことで、グループ作りやグループの置き換えトレーニングを行っていきます。

型の理解と意味の理解は別もの

さて、先のような英文を見ると、日本語訳が気になりますよね?日本語訳ができないと、理解できた気がしない人も多いのではないでしょうか?
もちろん、意味を理解するために型を理解しようとしているわけですから、それはある意味当たり前ではあるんですが、型の理解と意味の理解は切り離して考える必要があります。
この2つの理解を切り離して考えることができていないと、 「型の理解ができなくとも意味がなんとなくわかれば、その英文を理解した気になってしまいかねない」んです。あらゆる英文に対応するために型の理解を通して意味の理解をしようとしているのに、別のアプローチで二段階目(意味の理解)が見えたからといって一段階目(型の理解)もできたと大きな勘違いをしてしまいかねません。
H&E英語学院では特に学習初期のFoundationを身につけるステップにおいては、この「型の理解と意味の理解」の違いをしっかりと意識できるようにします。この段階は非常に重要で、ここができれば後の「置き換えによる英文作成」や「発話トレーニング」へとステップアップできます。

置き換える?それで発話ができるの?

「型の理解」の知識をどう使っていくか?どのようにトレーニングすれば発話(英語を話す)ことに繋がるのか?
それこそがH&E英語学院の指導の最大のポイントです。
H&E英語学院では具体的にどのような指導を行うのか、本当に英語ができるようになるのか。ぜひ説明会で学院長の話を聴いて判断してください。

空手家であった学院長は、ひょんなことから英語力ほぼゼロで英語教育業界に身を投じ、恐ろしい上司に怯えながら英語の指導ができるまで英語力を鍛え上げ、自分の過去の経験を最大限に活かし、独自に開発した「多くの人に効果がある英語指導メソッド」でH&E英語学院を開設しました。
「英語がまるでできなかった自分だからこそ英語に躓く人の気持ちがわかる。だって、ありとあらゆる英語学習の挫折を経験してきたから。」「英語は奥が深いけど難しくはない。難しくしようとしてはいけない。」「多くの人に英語を好きになって欲しい」これが学院長である伊勢嶋の口癖です。
ここまでお読み頂き、少しでも興味が沸かれたのであれば、ぜひ説明会でH&E英語学院の英語を判断してみてください。説明会は無料です。説明会後にしつこい勧誘も致しません。お気軽にお申し込みください。