This is a pen. は役に立つ

日本で一番有名な英文であるこの一文。
これが

A this pen is.
だとおかしいと感じる人は多いでしょう。
ですが、その知識と感覚を発展させれば
Unity is the path forward.
(バイデン大統領 就任演説より)
が理解できるし、単語を知っていれば自分でも作れるという意識はあるでしょうか?

H&E英語学院では「基礎」を使いこなす指導を徹底して行います。基礎は学んで理解したら終わりではありません。
繰り返し意識し、使うことで基礎の先が大きく拓けるのです。

英語は置き換えていくだけでOK

ポイントは「英文はブロックのような塊が集まってできている」ことと「ブロックのような塊にはいくつかの種類がある」ということ

H&E英語学院ではこのような、英文理解に必要最低限な内容を”Foundation”と呼び、このFoundationの力を徹底的に鍛え上げます。

突然ですが、この上の図形の並びを見て、下の2つの図形を上の図の同種の図形と置き換えてみてください。

形は少し歪んでいますが「緑の三角形」と「赤い四角形」です。

こうなりますよね?
色や形でしっかり区別できれば、同種のものと入れ替えるのは簡単です。

英文における「ブロックのような塊」と「種類」とはこのようなことなんです

英文にこのような種類がわかるようなブロック分けがされていて、自分の頭の中に同じような英語のブロックがあると想像してください。英文理解も簡単だし、英文作成も楽にできると思いませんか?
H&E英語学院ではこのような発想に基づき、”Foundation”の力を身につけ、その力を自在に使えるようなトレーニングを行います。

迷うな。Foundationを繰り返せ。

英語学習はよく登山に例えられます。目的地まで登っていくのにルートは無数にあります。登るだけでなく一旦沢におりるようなルートもあります。
ある程度の地力が無いと登れないルートもありますし、幸運が重ならないと登れないルートもあります。
H&E英語学院が提示する学習ルートには派手さはありません。多くの人が取り組めるよう、長年研究と工夫と重ねてシンプル化したものです。
Foundationとは日本語で言うと「基礎」といったニュアンスがありますが、英語教育業界でよく言われる「基礎」とは一線を画します。
先に述べた「英語はブロックのような塊からできており、その塊にはいくつかの種類がある」ということを効率的に身につけていくための独自のメソッドです。丁寧に繰り返し、着実に英語的な感覚を伸ばしていく指導プログラムになっています。

受講者の声

赤堀 仁
1973年生まれ
経営者
今後のキャリアに活かせる何か大きな武器がほしい
N様

会社員|法人営業
仕事で英語が急に必要になった、日常会話、メールでの読み書きが最低限必要になった
A.S様

外資系IT企業|エンジニア
英語での電話会議があり、いつも自分が言いたいことを正確に伝える